歯磨き後の濯ぎ回数は何回?歯磨き後の口を濯ぎ過ぎは実は間違いだった!

虫歯にならないようにきっちりと歯を磨く!日常的に何の疑問も持たずにずっと行ってきた歯磨きですが、みなさんは磨き終わった後に口の濯ぎはどのくらい行っていますか?実は濯ぎ過ぎは返って虫歯になる可能性があるのをご存知でしたか?

歯磨き後の濯ぎ回数は1回で十分だった!?
歯を磨き終わって口を濯ぐ回数はしっかり歯磨き粉が残らず綺麗に濯ぐ人が大多数ですが、実はこれ虫歯になる可能性をあげてるんです!本来、歯磨き粉は虫歯菌を増やさない為の成分が含まれています。勿論、歯磨き粉をつけて綺麗に磨けば綺麗に歯垢が落ち、虫歯予防になります。しかし、口の中は菌の温床になりやすい為、時間が経てばどうしても菌は増えていきます。口の濯ぐ回数を1回で済まして少し口の中に歯磨き粉が残っている状態であれば菌の繁殖が劇的に抑えられ、虫歯予防に絶大な効果があるのです!

しかし、口の中が気持ち悪い!と思う人も多いはずです。どうしても気持ち悪くて出来ない人は2回濯ぐ事を心がけてみましょう!少し気持ち悪くても虫歯を予防出来るなら越したことはないと思います!口を濯ぐ際は必ず冷水で濯ぎましょう!お湯で濯いでしまうと逆効果です!また、歯磨き後30分間は飲み物や食べ物などまたはタバコなども口に含まないようにしましょう!折角の効果が薄れてしまいます。

口の中に歯磨き粉を残してるとはいえ油断すれば虫歯になります。しっかりと綺麗に歯磨きをするようにしましょう!