白い歯は美の象徴!歯を白く見せるには?歯が汚くなるその原因!

女性は勿論の事男性でも歯が白いほうが良いのは当たり前!しかし、歯が真っ白!って人は殆どいません。歯は色が付きやすく一度色がついてしまうと中々落ちません。元々歯は真っ白ではありません。少し黄色がかった色が基本です。人によって歯の色は様々ですが、明らかに色がつきすぎてしまっている人は他に原因があります。

コーヒーなど等による色の付着

コーヒーがよく歯に色が着くと有名ですが、なぜ色がついてしまうのか?
原因はポリフェノールです。ポリフェノールといえばワインやチョコレートなどにも含まれています。このポリフェノールが原因で歯が着色してしまいます。また、タバコなども着色の原因になります。タバコに含まれているニコチンが着色してしまいます。

着色してしまったらどうすればいいのか・・・?

一度着色してしまうと中々落ちにくくなります。更に、着色して時間が経てば経つほどこびりつき落ちにくくなってしまいます。着色を見つけたらすぐにケアをしましょう!ケアをする方法は研磨剤で擦る方法とホワイトニング用の歯磨き粉の2つです。
研磨剤はあまりオススメはできません。研磨剤で磨くと綺麗に着色は落とせます。しかし、名前の通り削ってしまいますので大切なエナメル質を傷つけてしまい返って着色を悪化させる場合もあります。オススメなのはホワイトニング用の歯磨き粉です。こちらは歯に付着した色を落とす為の歯磨き粉なので歯を傷つけずに着色を落とすことが可能です。

一番良いのは歯科でホワイトニング治療を行うことです。
料金は高いですが、確実にしっかりと綺麗にしてもらえます。